この夏にどうしてもしておきたいこと

 学生時代、夏休みになると、いつものんびりして、家でゴロゴロしたり、時間を無駄にしたりして、何の目標も持たなかった。年を取ると共に、時間の大切さが分るようになり、まだ生きている間に、いろいろなことを体験したいと初めて考えた。

 結婚して以来、主婦の生活も三年経った。自分の能力をアップするため、家事以外、日本語のレッスンにも通っている。三年間ずっと通い続けた結果、去年台北で行われた日本語能力試験の一級に合格した。

 主婦の生活は、普通の人から見たら、つまらなくて、軽視されるかもしれないが、自分にとっては、毎日充実していて、大満足している。しかし、人生をもっと一段と鮮やかにするため、もう一度社会に出ようと思っている。せっかく目指していた日本語能力試験にも合格したので、やはり日本語を生かした仕事に就きたいと思っている。

 今は、景気が悪く、しかも卒業シーズンである。しかし、そうはいっても、若者に負けない意気込みでいっぱいだ。もしこの不景気の中で、仕事が順調に見つかったら、幸運に恵まれているのだと思う。それが私はこの夏にどうしてもしておきたいことだ。(08/03/02)