日々の小さいな喜び

 結婚して、主婦になって、もう三年が過ぎた。家事以外、日本語のレッスンにも通っている。毎日授業が終わった後、スーパーで買い物をして、へとへとになって家に帰った時、一番嬉しいのは、ペットの”ミちゃん”と顔を合わせることだ。  

 ペットを飼って、初めて分った。ペットが人間の心を癒すことができるのは本当に不思議だと思う。最近、読んだある記事によると、ペットを飼う人と飼わない人を比較すると、前者の方が長生きするそうだ。それを読んだら、本当に納得できる。  

 時代の変化と共に、人間関係が薄くなって、隣に住む人さえ分らずという時代になってしまった。多分その原因だと思うが、ペットを飼う人が多くなってきている。私の場合は、単に小さい頃からとても動物が好きだからペットを飼い始めただけである。そうはいっても、確かに動物との触れ合いは、人間とのそれより複雑さはない。それが私の考え方だ。

 毎日、疲れていても、家事をやっていても、ただ自分の飼っているペットを見るだけで、自然と笑ってしまう。それが私にとって、日々の小さいな喜びである。(07/27/02)