人生にはお金がすべてだ
  それともお金以上に大切なものがあるかについて

  人間は生まれると、その瞬間からお金と関係を持つようになる。衣食住など全てお金が必要だ。つまりお金がないと何もできないということ。

  私は小さい頃から、家庭の影響で、お金が大事なことが分かっており、一元たりとも無駄にしてはいけないと教育された。高校を卒業して、働きながら大学に入って、その時、お金の大切さがもっと身に染みた。そして、学歴と仕事に積み重なる経験も大事だ。要するに、お金がいくらもらえるのかは、それによって左右されている。しかし、よく考えてみたら、人間は小さい頃から教育を受け続け、そしてその最後の目的が、たくさんの金を手に入れるためだったなら、ちょっと悲しいことではないか。それが私の自論だ。

  お金があれば、たくさんのものが買える、それにいい生活を過ごすこともできる。しかし、人生には、お金で買えないものもいろいろある。例えば、家族愛やいい思い出など、全部がお金で手に入れられないものだ。

  確かに、お金は大切なものである。しかし、それ以外にもっともっとお金で入手できないものをいろいろと経験してみたい。それが私の考え方だ。(04/17/04')